グローバル社会で活用できる英会話~教材から学ぶメリット~

学生

日本で見られる教育

学校

英会話のみならず、その他の言語であっても、まずは聞く力を付けることが重要とされており、リスニング→スピーキング→リーディング→ライティングといった順番で学ぶことによって、それは効果的に学ぶことができるということをご紹介させていただきましたが、では私たち日本人は、長期に渡って英語を学んでいるにも関わらず、何故英語がスラスラと流暢に話せるような人が少ないものとなっているのでしょうか。英語というのは、義務教育として、以前は中学校から高校のまる6年間、教えられるものとなっておりましたよね?このように6年間もみっちりと英語を習得する期間があるにも関わらず、それによって話せるようになる人というのは、少ない・・・いや、学校だけの教育では、ほとんどいないといっても過言ではないのではないかと思います。その理由としては、日本では、効果的に学べる方法とは真逆の方法で英語学習が行われていることが伺えるものとなっているのではないでしょうか。日本で多く見受けられる英語教育としては、まずライティングに力を入れ、次にライティング、そしてリスニング、スピーキングといったような順で英語教育が行われるものとなっているのです。